だいたい分かる!お銀【ゴールデンカムイ】

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これでお銀がだいたい分かる!

今回は「ゴールデンカムイ」から蝮のお銀こと「お銀」(オギン)をご紹介。※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

蝮のお銀

お銀は美人の女盗賊。作中では人気のない川沿いでを装い、ターゲットを待つ。介抱をしようとしてくれた通行人におぶさり、千枚通しで後頭部あたりをズブリと刺して仕留めていた。

©野田サトル/ゴールデンカムイから引用

補足
子泣き爺みたい。 

※「蝮」の由来は体に彫られた蝮の刺青から。

©野田サトル/ゴールデンカムイから引用

坂本との出会い

過激な女盗賊ライフを送っていたある日運命の男坂本慶一郎に出会う。何を隠そうこの坂本も強盗であり類は友を呼ぶ理論で二人は意気投合。ここに最凶の夫婦が誕生した。

坂本と夫婦になった事により、強盗のスタイルは一変。坂本と一緒に郵便局や銀行を襲うなど派手になっていった。

▼坂本慶一郎はコチラ

だいたい分かる!坂本慶一郎【ゴールデンカムイ】

2017.10.07

坂本との別れ

夫婦強盗が新聞を賑わすようになり10年。夫坂本が捕まってしまい、網走監獄へ収監。お銀は一人寂しく坂本を待つこととなる。(お銀と坂本の出会いが十数年前との事なので数年は一人で暮らしていた。その時はどうしていたか不明。)

対第七師団

©野田サトル/ゴールデンカムイから引用

夫坂本が網走監獄で金塊の在り処を示した暗号の刺青を彫られたことから、他の刺青囚人を夫婦で探す事となる。ある賭場に刺青人皮の情報を得た坂本とお銀は賭場を強襲したが、その情報は同じく金塊獲得を狙う鶴見中尉率いる第七師団の罠だった。

第七師団に包囲された賭場からは坂本、お銀別々に脱出するのだが、合流地点で夫坂本はお銀の目の前で鶴見中尉に仕留められる。

©野田サトル/ゴールデンカムイから引用

お銀は鶴見中尉に一矢報いようと殺害を試みるが、鶴見中尉の部下、鯉登少尉に首をはねられる。しかし首だけになっても鶴見中尉の足に噛み付き、ただでは死ななかった。

©野田サトル/ゴールデンカムイから引用

幸いと言っていいのかいいのか坂本とお銀の間には赤ん坊の男の子がおり、二人の死後は鶴見中尉の計らいでアイヌの村へ送られた。

©野田サトル/ゴールデンカムイから引用

▼鶴見中尉についてはコチラ

だいたい分かる!鶴見中尉【ゴールデンカムイ】

2017.09.19

夫婦仲

非常にお互いの信頼が深く坂本を

お銀
慶さん!
と呼び慕う。常に愛情表現を欠かさず処かまず坂本とおっぱじめる。(ちなみに声がデカい。)※元々性に奔放だったようで、多くの男と一夜を共にしていたようだ。

©野田サトル/ゴールデンカムイから引用

死ぬ時も一緒であれば平気ととても仲睦まじい。坂本に影響されている部分もあり、元々暗殺みたいな強盗をしていたが、派手な強盗手法を好むようになっていた。頭のネジが外れており、笑いながら人を殺したりしている。

坂本もお銀の事を

坂本慶一郎
生かしておいてただで済む女じゃねぇ

と評していた。

関連動画を案内しなッ!!

蝮の見分け方

ホウスケ
最期まで読んで頂きありがとうございました!

▼坂本慶一郎はコチラ

だいたい分かる!坂本慶一郎【ゴールデンカムイ】

2017.10.07

▼鶴見中尉についてはコチラ

だいたい分かる!鶴見中尉【ゴールデンカムイ】

2017.09.19