だいたい分かる!デレク・モーガン【クリミナル・マインド】※シーズン1

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これでがデレク・モーガンだいたい分かる!

今回は「クリミナル・マインド」から「デレク・モーガン」をご紹介。※ネタバレ含みます。

クリミナル・マインドとは

FBIの行動分析課(Behavioral Analysis Unit、BAU)のメンバーたちが、犯罪者たちをプロファイリングし、犯罪心理を読み解き、事件の解決に挑む。番組の始終には登場人物による格言を引用したモノローグが入る。なおBAUはFBI内に実在する(下記の外部リンク参照)。なお「課」と訳されているが実在のBAUは、「刑事・サイバー・対応及び執行部(Criminal, Cyber, Response, and Services Branch)」の下に位置する「重大犯罪対応群(Critical Incident Response Group)」のさらに下に位置する「捜査及び作戦支援課(Investigations and Operations Support Section)」のそのまたさらに下に位置しており、FBIの組織構成における最小単位である「係(Unit)」の一つに過ぎない[1][2]。なお本作のBAUは「BAU Section」という架空のFBI長官直轄部署に属している設定になっている。

引用元:クリミナル・マインド

妄想型犯罪専門から肉体派へ

モーガンはFBI行動分析課(通称BAU)所属の監督特別捜査官。妄想型犯罪を専門とし、捜査スタイルは犯人になりきり犯人の思考、行動を予測していくというもの。スーツをビシっと決め、サングラスの奥から見える視線はとてもインテリジェンスな印象を与える。

だったがそんな印象は序盤でぶっ飛びいつの間にやら脳筋キャラに変貌していった。

もともと柔道黒帯、FBI内で格闘術の講師をしているなどという腕力に訴える系の設定が盛り込まれていたモーガン。話が進むにつれ犯人になりきる事より先陣をきって容疑者の家のドアを蹴破る回数が増えていく。だんだん短気なのも目に付き始め、隙あらば犯人を怒鳴り散らし、格闘の末取り押さえるパワープレイを披露していった。

モーガン自身元々警察出身であり、この方が性に合っていたかもしれない。(その時は1年以上の潜入捜査や爆弾の処理などを行っていた。※その為爆弾の構造や種類まで把握しており、組み方から犯人の特性なども予測していた。)服装もスーツからTシャツ、ワークパンツのスタイルに変貌していき、ゴツいホルダーベルトに複数台携帯をつけている様はさながらバットマンベルトの様。(携帯の1つはモトローラM702)

BAUきってのプレイボーイ

たくましい肉体と素敵な笑顔を持つモーガン。局内でもプレイボーイとして有名であり、女性局員からも人気の模様。ただ本人曰く

モーガン
銃を持っている女性とは一線を越えない主義

との事で局内で悪さはしてないみたいだが、FBIの訓練生の教官を担当しており、女性訓練生を遊び半分で口説いたりしている。銃さえ持ってなければいいのでは?という疑問が浮かぶ。遊び人のイメージを持たれており、同僚のリード曰く

リード
同じ女を連れているのを見た事ない

との事。

チームの陽気な兄貴分

チーム内では脳筋面だけでなく、ムードメーカーとしても機能している。情報分析官のガルシアと仲が良く冗談を飛ばしあい、陰鬱な事件を担当するチームの清涼剤となっている。

同僚のリードを弟のように可愛がり、危ない現場には行かせたがらない。入局して日が浅いリードが凄惨な事件ばかりに追われ悪夢を見だしたと相談を受けた時には自身も同じ経験がある事を伝え、親身になり相談に乗っていた。局内の射撃試験に落ちたリードに対して慰めつつも笛を渡し、危なくなったら吹け!とおちょくったりしている。

その他情報

実家にバイクが置いてあり、たまに乗っている模様。実家にはクルーニーという犬がいる。(その割には猛犬にビビり腰を抜かすという醜態を晒したりもしていた。)

交友関係が広くチーフのホッチの弟(ショーン)からリゾート施設のマネージャーまで友人の幅がハンパ無い。ズボラな面があり、デスクの上は綺麗だが中がゴミだらけ。車の中もジャンクフードのゴミがそのままにしてある。肉体派と言ってもプロファイラーとしてもちゃんと評価されており、他の支局に講師として派遣されている。

▼アーロン・ホッチナーについてはコチラ

だいたい分かる!アーロン・ホッチナー【クリミナル・マインド】※シーズン1

2017.10.14

モーガンのお勧めエピソード

エピソード3「パームビ−チの爆弾魔」

関連動画だベイビー!

ホウスケ
最期まで読んで頂きありがとうございました!

▼アーロン・ホッチナーについてはコチラ

だいたい分かる!アーロン・ホッチナー【クリミナル・マインド】※シーズン1

2017.10.14

▼ジェイソン・ギデオンについてはコチラ