だいたい分かる!ペネロープ・ガルシア【クリミナル・マインド】※シーズン1

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これでペネロープ・ガルシアがだいたい分かる!

今回は「クリミナル・マインド」からペネロープ・ガルシアをご紹介。※ネタバレ含みます

クリミナル・マインドとは

FBIの行動分析課(Behavioral Analysis Unit、BAU)のメンバーたちが、犯罪者たちをプロファイリングし、犯罪心理を読み解き、事件の解決に挑む。番組の始終には登場人物による格言を引用したモノローグが入る。なおBAUはFBI内に実在する(下記の外部リンク参照)。なお「課」と訳されているが実在のBAUは、「刑事・サイバー・対応及び執行部(Criminal, Cyber, Response, and Services Branch)」の下に位置する「重大犯罪対応群(Critical Incident Response Group)」のさらに下に位置する「捜査及び作戦支援課(Investigations and Operations Support Section)」のそのまたさらに下に位置しており、FBIの組織構成における最小単位である「係(Unit)」の一つに過ぎない[1][2]。なお本作のBAUは「BAU Section」という架空のFBI長官直轄部署に属している設定になっている。

引用元:クリミナル・マインド

BAUのテクニカルアナリスト

行動分析課(BAU)においてガルシアはプロファイラーではなくテクニカルアナリスト。

FBI内のデーターベースを使い、主に検索、分析、逆探知を担当している。特に検索範囲や内容は広く深く、対象の人物の経済状況まで調べる事が出来る。事件が起きた際にも現場へ行く事は滅多になく、クワンティコ内のモニターに囲まれたオフィスで現場からの依頼に応えている。一見ズボラな性格っぽいがオフィスに関しては、電子機器を扱っている事もあり綺麗好き。機材の上に飲み物を置かれると機嫌が悪くなる。

明るいぽっちゃり愛されボディ

性格はとても明るく、現場からの通信の際には冗談を交えながら応答する事が多い。その為か他のメンバーに比べ、血や死体に耐性が少なく、現場写真からは目を背けることも。

色々な自称を持っており、天才課、クイズマニア、魔術師などその場のテンションで適当に名乗っている。特にモーガンに対しては冗談とセクハラの間のような対応をしており、周囲に聞かれて勘違いされることもチラホラ。ファッションは派手で、大阪のおばちゃんですらひきそうな服装をしている。チームの誰とでも仲良くやれているように見えるが唯一ギデオンだけは苦手なのか若干距離を置いて接しているようだ。

隠された経歴

謎の多い女性であり、冗談しか言わない事から現状不明な事が多い。FBIの入局に関しては

ガルシア
医大に落ちてFBIに入った

と言っている。ちなみにFBIからの勧誘で入局しており、自由な服装で働く事を条件に承諾している。

他に作中で判明している事は継父がスペイン系であり、ガルシアはなぜかフランス語が得意という事。作中ではゲームをしているシーンも見られ、ニンテンドーDSでテトリスをしたり、あろう事か局内のネットワークを無断で使いオンラインゲームをしたりしている。※それが原因で局内のネットワークをハッキングされる。リードと一緒でスタートレックに詳しい。

なんでか知らないがCIAのブラックリストに載っている。

ガルシアのお勧めエピソード

エピソード11「テネシーの吸血鬼」


はいコチラ関連動画です。

ガルシアはスピンオフの「レッドセル」にも出演していますね。

ホウスケ
最期まで読んで頂きありがとうございました!