【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!後藤

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「ゴールデンカムイ」後藤(ゴトウ)がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

後藤の出没地

  1. 網走:網走収監時
  2. 小樽:1巻

後藤の基本情報

初登場は第1話「不死身の杉元」
後藤は見てくれがしょぼいおっさん。
本作の主人公杉元が出会う最初の刺青囚人。

好物は酒と干し魚。

ホウスケ
後藤が酔っ払って刺青の事を杉元に話したことから全てが始まるんだ。

 

後藤のおっさんの網走監獄時代

後藤はアルコール中毒であり、酔った勢いで妻子を刺殺してしまう。
後藤はその罪により網走監獄収監に。
収監時の同房にはのっぺらぼう、土方歳三、牛山辰馬、白石由竹、辺見和雄、二瓶鉄造、家永親宣などがいる。
房内では

白石
情けないオヤジだ
と特に存在感があったわけでもなかったようだ。

8千億円相当の金塊を隠し持つのっぺらぼうと土方歳三の立てた脱獄計画にのり体に暗号の刺青を彫られ、脱走。
※後藤は金塊の量は8億円相当と聞いていた。

後藤の網走脱獄後

脱獄後は1人で行動し、のっぺらぼうの「小樽に行け」という指示通り小樽逃亡。
アルコール中毒がぶり返したのか酒浸りの生活を送っていた。

杉元
・・・あんたまた呑んでるのか

小樽に潜伏中、ちょうど砂金漁りに来た杉元と接触。
話があったのか一緒に川で砂金探しを始める。(後藤は酔っ払ってるだけだったが)

後藤は酔っ払った勢いもあってか

後藤
あんたの事気に入ったから話すんだぜ

とのっぺらぼうの脱獄計画、金塊の事など全てをゲロってしまう。
後藤は説明後酔いつぶれてしまったが、目が覚めて杉元に話しすぎた事を危惧する。
自身の刺青がバレる危険性も感じたのが杉元殺害を決行。

だが失敗に終わり、杉元に反撃され山中に逃走するハメに。
山頂に逃げたはいいものの羆に遭遇してしまい首を折られ、腸を喰われ、土饅頭になってTHE・END

後藤の元ネタ、モデル

過去アル中で罪を犯した人や、妻子刺殺などで探してみましたが見つからず・・・

後藤の声優さん:青山穣(あおやま ゆたか)さん

情けないおっさんボイスをアニメでは忠実に再現してくれています。

補足
青山譲さん
wiki:青山穣

公式:青山穣

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!