【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!フチ

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これを読めばフチがだいたい分かる!

今回はゴールデンカムイから「フチ」をご紹介。※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

アシㇼパのフチ

初登場は第11話「アイヌコタン」

アシㇼパの母方の祖母で「フチ」はお婆ちゃんの意味。※本名は不明。小樽のコタン(村)でアシㇼパと同居している。村には息子(アシㇼパの母の弟)のマカナックル夫妻もいる。6年前病気で亡くなった夫が村の長という事もあり、村では権力を要している。

補足

アイヌでは女は年頃になると刺青を口いれる。口元の刺青が大きいほど権力を持っている事となるそう。その為フチの刺青は大きい。 

日本語は分からず杉元や、谷垣と会話する場合はアシㇼパやマカナックルの娘、オソマに通訳してもらっていた。

アシㇼパの父は5年前、(アシㇼパの母である)娘も10年ほど前に亡くなっており、アシㇼパが小さい頃から面倒を見ている。狩りに夢中になり織物や縫い物が出来ない孫娘の嫁ぎ先を心配している。普段村では織物や山菜取りに精を出している。

知識豊かでアイヌの伝統や昔話をアシㇼパによく聞かせており、アシㇼパから話されるアイヌの話はフチから聞いたものが多い。アシㇼパの狩猟の師範がウイルクであれば、教養の師範はフチであろう。

アシㇼパへの想いと不穏な占い

孫娘のアシㇼパをとても気にかけており、

「孫が心配で私はこの世を去ることもできない」

と狩猟ばかりして口の刺青も拒否する娘を心配するばかり。

杉元を信頼して

「この女の子を嫁に貰ってくれ」

とアイヌ語で伝えたが、アシㇼパが恥ずかしがり別の通訳をした為、杉元に伝わることはなかった。アシㇼパが網走に向け旅立った後、占い師インカㇻマッがフチの元へ訪れる。

「このままではアシㇼパさんの命に関わることが起こるでしょう」

と不穏な占いを告げられる。その直後二度とアシㇼパの会えなくなる夢を見てしまい、心配のあまり寝込んでしまい、自身の死期も悟ったのか死装束まで作り始めてしまう。

補足
娘(アシㇼパの母)が病で亡くなる直前もフチはそれを示唆する夢を見ており、夢占いを信じている経緯がある。 
怪我を介抱してもらった恩返しに谷垣がアシㇼパを引き戻しに行くが2人は再会する事は出来るだろうか。

北海道ネットワーク

判明しているだけで兄弟が6人、姉妹がフチ含め15人おり、北海道のコタン(村)に散らばっている。その為、アシㇼパ達が道中泊まり先などで困る事が少ない。

苫小牧:6人兄弟の末っ子、フチの姉

釧路:15番目の妹

塘路湖:2番目の姉の息子

屈斜路湖:13番目の妹の息子

と現時点でもう収集が付かない事態に。北海道を征服しようとしているのだろうか。

その他

寛容で懐が広く、部外者である杉元達を暖かく迎え入れてくれた。

なぜか白石にときめいていた。

人の首の後ろに憑く守り神「トゥレンペ」をちょっと見る事が出来る。

ウンコと認識されているはずの味噌を「トゥレンペ」にお供えするなど若干クレイジーな部分がある。

よく「アーアー」言っている。※軽く調べましたが特に意味はないようです。

鶴見中尉の計らいで死亡した坂本慶一郎、おぎん夫妻の息子を村で育てる事となった。

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!