【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!家永カノ ※北海道編

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「ゴールデンカムイ」家永カノ(イエナガ カノ)がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

家永カノの訪問先一覧

  1. 網走:網走監獄収監時
  2. 札幌:6巻
  3. 夕張:9巻
  4. 月形:9巻
  5. 深川:10巻
  6. 釧路:12巻
  7. 屈斜路湖:13巻
  8. 北見:13巻
  9. 網走:13巻

家永カノ 本名:家永親宣「イエナガチカノブ」男

ホウスケ
残念なお知らせだが家永は男なんだ・・・

家永カノの基本情報、年齢など

初登場は第50話「春雷」
札幌にある札幌世界ホテルの若女将。
美しい顔立ちをしており、札幌で評判になっている。
しかし正体は老齢の医者でである。
過去に医者の立場を利用して患者を何人も殺し、被害者の血を自身に輸血、肉は食べていた。
ただ医者としての腕は確かで名医と名高い。
カニバリズムな刺青囚人。

年齢は永倉新八とほぼ同じとの事。
ゴールデンカムイの年代が1908年(石川啄木の釧路勤務から推測)とすると、永倉は69歳となる。
その為家永の年齢もその付近と予測できる。

好きな食べ物は肉料理、苦手は海老。

補足
年齢資料:ゴールデンカムイ質問箱

家永カノと同物同治

家永は自分が老いていくにつれて、肉体が衰えていくことに悩みを抱えていた。
悩める家永は中国の「同物同治」の考え方を知り「完璧な人間」を目指した。

補足

同物同治とは中国の薬膳の考え方。
身体のどこかが悪い時にはその部分を食すと治るとの事。

同物同治の考えにとらわれた家永は医者としての立場を利用して若く優秀なパーツを持つ患者の血を自身に輸血、肉などを食べ漁るようになる。
もちろん露呈し、殺人犯として
網走監獄に収容される。
その時はまだ老人の見た目をしていた。

ホウスケ
日本人の食人犯では「佐川一政」が有名ですね。
佐川の「佐」の字がカタカナの「イ」「エ」「ナ」で形成されてますけどまさかね・・・

家永カノの網走監獄時代

網走監獄収監時の同期として、のっぺらぼう、土方歳三、牛山辰馬、白石由竹、二瓶鉄造など面子がやたら濃い。
家永自身も監獄内で同物同治の話を他の囚人にしていたようで、印象に残る人物だったようだ。
監獄内で同物同治の食事が継続出来たのか定かではないが、同期の牛山曰く

牛山 辰馬
やたら若い爺

との事で少し同物同治の効果は出ているようだった。

家永カノと札幌世界ホテル

同期ののっぺらぼう、土方歳三が立てた脱獄計画に乗り無事脱獄。
脱獄後は単独で行動し、
札幌世界ホテルいうホテルのオーナー夫妻に取り入りオーナー夫婦を殺害。
ホテルのオーナーとなる。

オーナーとなった後は同物同治計画が再始動。
宿泊客の中から自分が欲しいパーツを持っている客を増築した地下室へ拉致し拷問の末殺害。
欲しかったパーツは食していた。

ホテルの作りも家永が犯行に適した改築を重ね、犯行がバレる可能性の無い人喰いホテルと化していった。
家永自身も同物同治の効果が出て、老人とは思えない美しい女性のような容姿になっており、ホテルの名物美人女将となっていた。
名前も家永カノと偽名を名乗っていた。

ホウスケ
あとで記述しますが殺人ホテルでは「H・H・ホームズ 」が有名です。

家永カノと牛山辰馬

殺人ホテル絶賛営業中の最中、ある日網走時代の同牢獄の囚人、牛山、加えて白石属する杉元一行がホテルに宿泊に来る。
囚人時代と外見が変わっていた為牛山に正体はバレなかったが、美人になってしまったが為牛山に別の意味で狙われて唇を奪われてしまう。

家永は家永で杉元に同行していたアシㇼパの綺麗な瞳が欲しくなり奪う事を決意。
ホテルの中は各人の野望渦巻く争奪戦の舞台となってしまった。
性的な意味で追い回してくる牛山に加え、アシリパの瞳を奪うところを杉元佐一に見つかってしまう。
不敗の柔道王、不死身の軍人2名から追い回されるハメになる家永。

もちろん穏やかな鬼ごっこになるはずはなく、ホテルは半壊。
拷問部屋も露呈し、ここまでとなった家永はホテルの自爆スイッチを押したわけだが、運が悪く杉元一行が持ち込んでいた火薬にも点火し、ホテルは大爆発。

家永は爆発に巻き込まれたが、牛山が助け出し九死に一生を得た。
その後牛山属する土方一行についていくことになる。
助けてもらった恩からか、牛山を「牛山様」と呼び慕うようになった。

その他の情報、謎の天狗の拷問器具

基本老人なので腕っ節は弱く、白兵戦ではまず相手に勝てないのか、医者の経験を生かし薬を使って相手を眠らしたりしてから襲う手法を用いる。
同物同治を推進しているだけあって料理は得意の模様、作中では「なんこ鍋」を振舞っていた。
昔から絵が好きだったらしく、芸術肌な一面も持ち合わせている。※その為熊岸長庵とは顔見知りだった。

拷問時は様々な器具を使うが若山の男娼を拷問する際には天狗のお面を使っていた。

今は夏太郎の綺麗な肌が気になり、隙をついては食べようとしている。

ホウスケ
天狗のお面は本当に何に使ったんでしょうね・・・突っ込んだのかな?

家永カノのその後

土方一行と行動を共にし、網走襲撃の際は杉元らと合流。
混戦の末、第七師団に捕らえられてしまう。
捕らえられた後は網走襲撃の際、頭部に狙撃を受けた杉元を手術し、無事に復帰させている。

※本人曰く、過去行った拷問により、開頭手術の経験を多く積んでいたそう。
※杉元を治療する際、脳の一部を食した為か、アシㇼパの事になると熱くなる。

家永カノのモデル、元ネタ

ホウスケ
ネット上に落ちている情報、推測などです。

①アンドレイ・チカチーロ
ウクライナの食人鬼として有名です。家永の本名チカノブと「チカ」つながり。

②佐川一政
日本の食人鬼。
「佐」の字が「イ」「エ」「ナ」で構成されているが・・・

③H・H・ホームズ
元祖殺人ホテル「ワールズ・フェア・ホテル」の支配人。

家永カノの声優さん:大原さやかさん

キレイな美人ボイスです。

補足
大原さやかさん:公式wiki
ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!