【東京喰種】だいたい分かる!金木研

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「東京喰種」の「金木研」(カネキケン)がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

東京喰種とは

人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。

上井大学に通う青年カネキは女性の喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、直後に起こった鉄骨の落下がリゼに当たったことで捕食を免れ、命も取り留める。
しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。
それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。

引用元:東京喰種

金木研の基本情報

初登場は#001「悲劇」
金木研は本作の主人公、東京都内の上井大学に通う18歳の大学生。
身長169cm
体重55kg
趣味は読書。
※「高槻泉(たかつきせん)」という小説家を好み、敬愛してやまない。
両親を亡くしており、現在は一人暮らし。

血液型はAB型

金木研の外見

「痩せたもやしっ子」と呼ばれるように華奢な体つきをしており、読書が趣味なせいか肌も色白。
色々あって最終的にはパンクバンドみたいな髪型になってしまうが、本来は黒髪のショートである。

金木研の性格

金木研は基本内向的でシャイ。
幼少期は友達もおらず、小学生時代に転校してきたヒデ(永近英良)が初友達。
ヒデとの交友は大学生になった今でも続いている。

恋人も今までいたことがなく、現在は喫茶店「あんていく」で見かける「神代 利世」に片思い中。
恋人と本屋デートをするのが夢だとか。
アルバイトの経験もないなど社会性はあまり高くない。

※加筆中