だいたい分かる!鯉登少尉【ゴールデンカムイ】

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これで鯉登少尉がだいたい分かる!

今回は「ゴールデンカムイ」から鯉登少尉(コイトショウイ)をご紹介。※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

薩摩隼人

鯉登は第七師団所属、階級は少尉。(鶴見中尉と月島軍曹の間)

鶴見の配下におり鶴見をこよなく愛している。海軍少将の父を持つエリート家系で本人はまだ仕官学校を出たばかりで若い。その為月島軍曹がお世話係として傍らについている。九州出身で薩摩弁を操り、大好きな鶴見の前では喋れなくなったりと乙女チックな色黒青年。

鶴見中尉がわっぜ好きでたまらん

作中では鶴見が大好きすぎて常軌を逸した行動が散見される鯉登少尉。

お世話役の月島とは普通に会話できるが鶴見の前だとモジモジ君になったり、薩摩弁で早くまくしたてたり、自顕流の訓練の名残か猿叫したりとまともなコミュニケーションがとれたものではない。基本間には月島軍曹が入り鯉登の通訳を行っている。常に鶴見の顔色を伺っており、鶴見に怒られると思えばこの世の終わりのように落ち込み、鶴見に褒められればこの世の終わりのように喜ぶ。

鶴見のブロマイドを常に携帯しており、時折見ては鶴見を想う。鶴見と付き合いの長い月島に鶴見ブロマイドを要求し、コレクションは増えていく一方。

戦闘能力

薩摩に伝わる古流剣術「自顕流」を操る。剣の腕は確かなようで、鯉登を知る尾形も警戒していた。若いので体力を有り余っており、「稲妻強盗」坂本慶一郎戦では韋駄天の坂本を限界まで追い続け

坂本慶一郎
オレをここまで本気で走らせた奴は初めてだぜ

と言わしめた。この執念が第七師団を勝利に導く事になる。銃は26年式を使う。

その他

鯉登の父と尾形の父「花沢幸次郎中将」は同郷出身で親友同士。

体が柔らかい。

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!