【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!マカナックル

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「ゴールデンカムイ」の「マカナックル」がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

野田サトル/ゴールデンカムイから引用

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

マカナックルの基本情報

初登場は第11話「アイヌコタン」
マカナックルはアシㇼパの叔父(アシㇼパの母の弟)。

アシㇼパ、フチと同じ小樽のコタン(村)に奥さんと娘と一緒に住んでいる。
普段は猟をして過ごしている、捕鯨をしに海岸に行く事も。

喫煙者。

マカナックルの過去

マカナックルは昔倭人と共に仕事をしており、その関係で日本語を話す事が出来、文字の読み書きも少しであるが出来る。

日露戦争時は兵として参戦はしていないが、友人が第七師団として参加していた関係から第七師団に良い印象を持っている。

その為、杉元や谷垣が村に訪れた時も手厚く歓迎し、負傷していた谷垣については復帰するまで面倒を見ていた。

いとこがアマッポ(罠)にかかり死んでいる。

マカナックルとアシㇼパ

アシㇼパからは(アチャポ)(叔父さん)と呼ばれている。

姉の子であるアシㇼパをフチ同様気にかけており、両親を失い独りで山に繰り出すアシㇼパを心配する毎日。

特に父を失ってからのアシㇼパは笑顔が少なくなっており、杉元と会い「笑顔が増えた」と安心する一面も。

マカナックル
大人びてはいるがアシㇼパは寂しがり屋のいたいけな子供なのだ

マカナックルとオソマ

一人娘に「オソマ」(ウンコの意味)がいる。
眉毛と目つきが完璧に父親譲りでありよく似ている。

負傷し、コタン(村)に滞在する事になった谷垣にオソマの面倒を見てもらっており、谷垣に懐く娘を暖かく見守っている。

金塊について

マカナックルは金塊について、砂金を川から採取し川を汚した事で神の怒りをかったと認識しており、

マカナックル
魔物が憑いている呪われたものだ

とよく思っていない。

マカナックルのその他の情報

小樽にある「鈴木火薬銃砲店」の店主と知り合いで安く購入できる。

マカナックルの名前の意味?

ホウスケ
個人的に調べてみました。

結論、予想の域を出ないのですがアイヌ語から名前に関わる単語を出してみました。

  • マカ:~開ける
  • マカナㇰ:どのように
  • クㇽ:人
ホウスケ
開拓者的な意味なんですかね・・・
補足
参考:単語リスト

マカナックルの声優さん:斧アツシさん

マカナックルの声優さんは斧アツシさんで激シブボイスです。

補足
wiki:斧アツシ
公式:斧アツシ