【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!仲沢達弥 ※北海道編

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「ゴールデンカムイ」仲沢達弥(ナカザワ タツヤ)がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

仲沢達弥の基本情報

初登場は第65話「不死身の赤毛」
と思いきや若山同様第62話「替え玉騎手キロランケ」にちょろっと出ている。

仲沢はヤクザであり、若山輝一郎の子分である。
背中に五右衛門の刺青を携え、乳首は毛むくじゃらで汚い。
乳首を杉元一行に晒した際にはバッシングの嵐で、アシリパに至っては唸っていた。

服装は割とオシャレで帽子にトレンチコート、長いマフラーとファッションリーダー。

仲沢達弥の特技

シノギとして賭場を仕切っていたこともあり丁半の壺振りで、狙った出目を出せる。
毛返しという高等技術を使いこなす。


引用元:ゴールデンカムイ

若山
仲沢の壺振りは一級品

成功率はかなり高いようだ。

仲沢達弥(姫)と若山(親分)の関係

若山とは親分子分の関係と思われたが、実は恋人関係。
判明した際には杉元一行は
異様に無表情になっていた。

若山から「色っぽい乳首」「いいケツ」と褒められたと本人も言っているので知りたくも無いが女役らしい。
仲沢は嫉妬深いようで若山が男娼を買った事に対して長く根に持っており、作中では若山を裏切る。
一時の嫉妬だったのか若山がヒグマと鬼ごっこすることになった際は本気で心配していた。
最期は若山の愛刀の長ドスを守ろうとヒグマに噛まれ若山と一緒にあの世へ。

感情が高ぶると若山を「おやぶぅん!」と呼ぶ。

ちなみになれそめ↓

仲沢達弥の元ネタ、モデル

ホウスケ
なんか名前が似ている人がいます。

・仲代達矢(なかだい たつや)
現在も現役の俳優さんです。
若山のモデルっぽい勝新とも共演しています。

仲沢達弥の声優さん:アニメではカットされていました。。。

若山の親分同様アニメではカットされている為、中沢のおやぶぅんは聞けません。。。
ホモはカットされる運命なのか。。。

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!