【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!尾形に射殺された囚人

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「ゴールデンカムイ」の尾形に射殺された囚人(オガタニシャサツサレタシュウジン)がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

尾形に射殺された囚人の出没地

  1. 小樽の町:1巻

尾形に射殺された囚人の基本情報

初登場は第3話「罠」
尾形に射殺された囚人は刺青囚人。
見た目がチンピラっぽい男性。

好物は「蕎麦」、苦手は「羊肉」

尾形に射殺された囚人の網走監獄時代

他の刺青囚人のキャラが濃かったからかもしれないが、監獄内では地味キャラ。
要人をチェックしていた白石からは

白石
たぶん雑魚だ
と酷評。
作中ではどんな罪状で網走収監になったかすら語られていない。
土方に対しては強い恐怖を持っていたようで後に

囚人
冷酷で凶暴な怪物だぞ

と語っている。

尾形に射殺された囚人の網走脱獄後

のっぺらぼう、土方歳三の脱獄計画にのり脱獄。
脱獄後、囚人の中に「暗号解読の為、刺青の皮を剥ぐ必要がある」と気づいた者がおり仲間割れが起きてしまう。

尾形に射殺された囚人は訳も分からず逃走、誰も信用できず独りで小樽に潜伏する事となる。

そこにちょうど刺青人皮の情報を探る杉元、アシㇼパに遭遇。
身の危険を感じ、山中で射殺を目論むが追跡が杉元達にバレており、アシㇼパの仕掛けた「くくり罠」で捕らえられてしまう。

刺青の暗号を模写されて解放されるはずだったが、杉元と同じく刺青人皮を狙う尾形百之助に射殺されてしまう。

尾形に射殺された囚人の声優さん:山本兼平(やまもと かねひら)さん

多くの作品に出演なさってます。

補足
wiki:山本兼平
公式:山本兼平
ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!