【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!白石由竹 ※北海道編

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「ゴールデンカムイ」の「白石由竹」(シライシヨシタケ)がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

白石由竹ツアーガイド

  1. 網走:網走収監時
  2. 小樽:1巻
  3. 積丹:4巻
  4. 札幌:6巻
  5. 苫小牧:7巻
  6. 日高:7巻
  7. 夕張:8巻
  8. 月形:9巻
  9. 深川:10巻
  10. 旭川:10巻
  11. 大雪山:10巻
  12. 釧路:11巻
  13. 塘路湖:12巻
  14. 屈斜路湖:12巻
  15. 北見:13巻
  16. 網走:13巻

白石由竹の基本情報

初登場は第6話「迫害」
白石は刺青囚人。
幼少の頃少年院を脱獄したのを初めに数々の監獄を脱獄している、ついた異名は「脱獄王」
本人曰く二十歳にも満たないころから度々脱獄していたとの事。
この事から決して素行のいい少年時代を過ごしていたわけでは
無い事が分かる。※ちなみに初犯は強盗だった。

体の関節を意図的に脱臼させる事が出来る特異体質をもつ。
年齢は明言されてはいないがインカㇻマッと同じくらい。
尾形よりも年上で月島軍曹よりも下との事。

人生の中で監獄にいた期間が長いことから彼女がいた事はなく素人童貞。
丸坊主だが髪を伸ばすと軽くウェーブヘアになるとの事。

趣味は女遊びと博打。
好物は「酒」「飴」「白米」
苦手なものは「鹿の脳みそ」

白石由竹の装備

  1. 剃刀の刃:1巻
  2. 弾丸:1巻
  3. 飴:3巻
  4. 釘:4巻
  5. 針金:6巻

白石由竹の過去とシスター宮沢

20歳を超え樺戸監獄に収監された白石。
その時同房の贋作師熊岸長庵に春画(エロい絵)を書かせた事で彼の脱獄王へ幕は切って落とされる事となる。
春画に書かれた実在するシスター宮沢に恋をした白石は何が何でも会いたいと脱獄を決意。

 

 

 

 

 

脱獄後はシスター宮沢をうわさを頼りに片っ端から全国の監獄を巡る事に。
巡るだけならいいが
監獄界隈で顔が広すぎる為、白石である事がすぐ露呈し、その場で収監され脱獄するという珍事を繰り返していた。
こうして全国津々浦々の監獄を脱獄しつくした白石は「脱獄王」と呼ばれる事となる。

シスター宮沢を追い続けた白石。
最終の地網走監獄でついにシスター宮沢と会うことになるが正しく絵の通りの顔であり、白石のテンションはだだ下がりであった。

 

 

 

 

 

白石由竹の脱獄能力

全身のあらゆるところに脱獄に役立つ道具を仕込んでおり、突発で捕縛されても抜け出せる術を持っている。
※口の中にマッチを仕込んだり、釘や針金も身体に埋め込んでいる。
身体も関節を容易に脱臼させる事が出来、狭い場所でも抜け出したり、牛山に関節技を極められた時も関節を外し、技を解く事に成功している。

身体能力も高く、敵から追われた時にはパルクールよろしく、家の壁や屋根を軽々と走り抜けて見せた。
だが基本的に運が無く、華麗に逃げた先が敵の待ち構えるところだったりと上手く逃げれた試しがない。

手先、足先も非常に器用で足の指で鍵を開けたりも出来る。

基本監獄にいる時以外は逃亡の身なので、付近の村から食料を調達する事に慣れている。
※おばあちゃんに好かれる傾向にある為、そのスキルが生きたかもしれない。
脱獄に関してはとても機転が利き、独居房など一人でいる時は寂しいからと虫を飼っているのを看守に見せつけ、実は虫の中身を抉り出し、中に鍵を入れて身体検査をパスするなど天才的な発想をする。

いつも捕まる男

脱獄に関しては天才的な白石だが、捕まることに関しても天才的。どうせ逃げれるしという油断からか、そんなんに引っかかるなよという罠にでも簡単に引っかかる。アシㇼパがウサギを捕まえる為に仕掛けた罠に引っかかるなど、本来白石を捕まえる為ですらない罠でも進んで引っかかりにいく。その上独特キャラをしているせいか顔を覚えられやすく、すぐ見つかり追われることが多い。

戦闘能力と性格

強盗をやっていた事だけあって度胸はあり、戦闘に対して全く役に立たないという事はない。対牛山戦でも腹をくくった後は凶器を使い殺そうとまでした。ただ基本的には非暴力主義な性格をしており、女の子のアシリパ相手でも逃げ出したり、杉元が敵に暴力を振るっているのを止めたりしている。杉元、アシリパがケンカした時も仲を取り持ったりと根は穏やかな男なのだろう。約束も律儀に守るタイプであり、深い部分では信頼できる人間なのかもしれない。

▼杉元佐一についてはコチラ

【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!杉元佐一 ※北海道編

2017.08.06

ダメな白石

脱獄している時はとってもかっこいい白石だが、杉元らに同行している時はお世辞にもかっこいいとは言えない。なぜか分からないが動物が出てくると大体頭を噛まれ、ちょっと危なそうな道具が出てくると頭に刺さる。犬相手でも大苦戦し、享楽者で酒、金、女に目が無い。典型的な博徒であり、娑婆では丁半の賭場によく顔を出していたようだ。競馬も好きでインカㇻマッの占いを利用し大金を稼ごうとした。※その時は調子こきまくり、日ごろ下に見られている鬱憤からか、杉元ら仲間を見下し始める。

女に関しては美人に変貌した家永を本気口説こうとしていた。臭や口臭が臭く、アシㇼパにはしきりに嫌がられていた。仲間からは役立たず、トラブルメーカーの視点で見られる事が多く、なにかと邪魔者扱いされてしまう。悲しい時は子犬のように「クーン」と鳴く。

アダ名王

「脱獄王」の他にも「脱糞王」「豚」(アシㇼパ)、「たこ坊主」(家永)、「どじっこ」(牛山)、エロ坊主(杉元)と周りから素敵なアダ名をつけられている。

▼家永カノについてはコチラ

【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!家永カノ ※北海道編

2017.09.02

その他の情報

いつも好物の飴を持ち歩いている。他には酒、白米、桜鍋が好物。アシㇼパに強制されたトラウマからか鹿の脳は苦手。川や海など水のあるところでは大体おぼれ、寒いところだと真っ先に気がふれる。なぜかタバコは苦手。

関連動画見てるうちに脱獄するよ?

モデルは実在した脱獄王「白鳥由栄」と言われています。

ホウスケ
最期まで読んで頂きありがとうございました!

▼牛山辰馬についてはコチラ

だいたい分かる!牛山辰馬【ゴールデンカムイ】

2017.09.24

▼アシㇼパについてはコチラ

だいたい分かる!アシㇼパ【ゴールデンカムイ】

2017.09.11

▼杉元佐一についてはコチラ

【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!杉元佐一 ※北海道編

2017.08.06

▼家永カノについてはコチラ

【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!家永カノ ※北海道編

2017.09.02