【ゴールデンカムイ】だいたい分かる!杉元佐一 ※北海道編

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。
ホウスケ
これを読めば「ゴールデンカムイ」杉元佐一(スギモト サイチ)がだいたい分かる!※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

杉元の訪問先一覧

  1. 小樽:1巻
  2. 積丹(小樽の海岸?):4巻
  3. 札幌:6巻
  4. 苫小牧:7巻
  5. 日高:7巻
  6. 夕張:8巻
  7. 月形:9巻
  8. 深川:10巻
  9. 旭川:10巻
  10. 大雪山:10巻
  11. 釧路:11巻
  12. 塘路湖:12巻
  13. 屈斜路湖:12巻
  14. 北見:13巻
  15. 網走:13巻

杉元佐一の取り巻く環境

※作成中

杉元佐一の基本情報(年齢、身長など)

初登場は第1話「不死身の杉元」
杉元は「ゴールデンカムイ」の主人公。
東京出身。
日露戦争に参加し、鬼神の如き働きで「不死身の杉元」として名を轟かせた。

アダ名の通り杉元が重傷を負っても翌日にはピンピンしていた事から「何をやっても死なないんじゃないか」という噂が軍内で囁かれていた。

補足
日露戦争:
1904年~1905年に起きた日本対ロシアの戦争。
結果は日本の勝利。
その後日本とロシアとの間で結ばれたポーツマス条約により、樺太の半分が日本の領土となりました。 
元陸軍第一師団所属。
階級は一等卒。(谷垣、二階堂と一緒)

ホウスケ
陸軍第○師団の数字は編成地によって決まっているらしい。
杉元は東京だから第一、鶴見中尉は旭川だから第七。

初登場時では気に入らない上司を半殺しにしており、恩給が受けられなくなった上すでに満期除隊となっている。

しかし軍での功績は大きく英雄として扱われている。

補足
満期除隊:定年退職みたいなもの。
軍人の定年は階級によりけり。
杉元の階級は2,3年で定年。
一等兵

旅順攻囲戦では白襷隊にも志願し生還しており、上司を半殺しにしなければ勲章を貰っていただろうとも言われている。

補足
旅順攻囲戦:1904年~1905年 に起きた日露戦争の1つの戦い。
中国の旅順が戦場となりました。
ロシアは中国に貸しがあり、旅順を借りて要塞を作っていました。

ホウスケ
杉元が志願した白襷隊は3100人ほどで奇襲作戦を行ったけど失敗。
ほとんどが戦死しているんだが、よく生きていたな。

杉元佐一の年齢

24歳以上と推定できる。

明治時代の徴兵令では20歳から兵役につく事になっている。
その事から杉元は日露戦争(1904年~1905年)には最低20歳を超えており、
満期除隊をしている事から2~3年軍務についていると仮定すると杉元は初登場時点で23歳以上である事が分かる。

加えて「ゴールデンカムイ」に石川啄木も釧路の新聞社勤務という形で登場するが、石川啄木が釧路に勤めていたのは1908年である。
その事から「ゴールデンカムイ」の年代が1908年だと仮定すると杉元の年齢は最低でも24歳以上ということが推測できる。
※谷垣、二階堂と同年代

ホウスケ
こんな24歳いてたまるかよ・・・

杉元佐一の身長

※ゴールデンカムイから引用

155cm?

ホウスケ
すっごいアナログな方法で計算してみた!

まず上記画像に三十年式小銃と杉元佐一が映っている。

三十年式小銃の全長は1275mm。
ざっくりだが画像の銃と杉元の比率を出してみたところ14:17という結果になった。
1275÷14×17=約1548・・・
杉元の身長は154.8cmである。

補足
明治時代の男性の平均身長は155cm程度。
現在は172cm程度です。

三十年式歩兵銃
平均身長 

ホウスケ
時代が違うとは言え杉元思ったより小さい・・・

杉元佐一の外見

戦争帰りだけあり全身傷だらけ。
顔に特徴的な傷があり、それが原因で杉元とバレてりまう事も多い。

※顔の傷は明治37年(1904年)の時点ではついていた為、日露戦争の早い時期に付いたと思われる。
いわゆる「イケメン」であり、インカㇻマッから言い寄られたり、白石由竹からは「モテそうな顔」と言われている。

ガタイは良く「あんま」が絶賛するほど柔らかい筋肉の持ち主。
股間はアシㇼパ曰く「なんか・・・フフ」とあまり大きくないらしい。

ホウスケ
男から見てもワイルドでかっこいい、全身傷だらけにはなりたくないけど!

軍の帽子を常にかぶっており、温泉につかった際でも脱がないという徹底ぶり。

杉元佐一の性格

普通にしているととてもやさしいお兄さん。
困っている人がいれば積極的に助け、親をなくした小熊の面倒を見たりする一面も。

テレやさんでキロランケから「いい男になった」と褒められた時は頬赤くしていた。
「かわいい」と絶賛の嵐だったが男同志で気持ち悪い・・・と感じました。

旭川で白石由竹が第七師団に捕まった時も「オレは助けたい」とKY発言をしていた。

戦闘時になると人を殺す事に容赦の無い殺戮マシーンとなる。
ただ殺した相手に負い目は感じているようで相手の顔は忘れていない。

ホウスケ
感情の振れ幅が広いのでサイコパスっぽい1面が見えますね・・・

杉元佐一の過去

ホウスケ
杉元佐一は何で金塊を探しているんだろう?

「ゴールデンカムイ」は杉元が北海道小樽で砂金を探しているシーンから始まる。
杉元は元々東京の村出身。

杉元には幼馴染の寅次梅子がいた。
杉元は家族と共に暮らしていたが、結核により家族は亡くなり、
杉元自身にも結核の疑いが出てしまう。

杉元は実家を自らの手で焼き払い村を出ようとする。
その時杉元に好意を持った梅子が杉元に着いて行くと言ったが杉元は感染を恐れて連れて行かなかった。

杉元は2年間の間村を留守にした。

補足
作中でいう当時(1900年ごろ)は結核は不治の病で対策は無かったようです。 

2年を経て、結核の疑いが晴れた杉元が村に戻ってきた時には寅次と梅子が結婚していた。
杉元は二人の仲を見守ることに。

陸軍入隊後同じ隊になった杉元と寅次。
戦争の最中寅次は戦死してしまうが、死ぬ前に目の病の冒されている梅子と息子の世話を杉元に託した。

戦争が終り寅次の遺骨を梅子に渡しに行った杉元、しかし梅子の目はもう見えておらず、杉元も自分だと名乗る事は無かった。

梅子の目を治すには海外での手術が必要で金がいる。
杉元は一攫千金を目指し、北海道に向かうことになる。

※杉元は梅子を「惚れた女」と周りには言っており、寅次との約束の為だけではないようだ。

ホウスケ
「ゴールデンカムイ」は悲しい過去を持っている人が多い。

杉元佐一のモデルは?曾祖父?船坂?

「杉元佐一」という名前は「ゴールデンカムイ」の作者野田サトル先生の曾祖父「杉本佐一」から取っている。

補足
参考資料:スギモトサイチのこと
ホウスケ
ここからは推測だけど杉元と似た「不死身」の軍人が実在しました。

舩坂 弘(ふなさか ひろし)をご存知でしようか?
船坂弘は第二次世界大戦で活躍した軍人。
杉元と同じく、何度も瀕死の重傷を負いながらも終戦まで戦いぬいた。

2006年に亡くなったが理由は賢不全。

補足
参考資料:船坂 弘

杉元佐一とアシㇼパのサバイバル生活

ひょんな事から小樽で出会ったアイヌの少女アシㇼパと行動を共にする事になった杉元。

旅を続けるにつれ、自分の目的(梅子の手術の資金調達)だけでなくアシㇼパの目的(父親の失踪後の真相解明)に協力するようになる。

苫小牧競馬で一攫千金のチャンスが来た時も

杉元
必要な額のカネが手に入ったから「いち抜けた」なんてそんな事、俺があの子に言うと思ってんのか!

と金塊関係なくアシㇼパに最後まで協力すると宣言していた。

アシㇼパの影響で杉元もアイヌフリークになり、アイヌのマニアックなしきたりなども率先して行うようになった。

アシㇼパに対しては良きパートナーだけではなく尊敬の気持ちも抱いていおり、アシㇼパが馬鹿にされたり、危害が及びそうになると怒りをあらわにする。

本作品は基本山中(しかも慣れない雪山)で食料を現地調達する為、アシㇼパが料理を振舞うことが多い。
在軍時にはアリなどの昆虫も食べていた杉元だが、アシㇼパの過激な献立に困惑。
外見に反して可愛い動物が好きな杉元はアシリパに料理される動物を可愛そうな目で見ていた。

杉元自身は干し柿が好物らしいが、北海道には柿の木が無い為、戦争を行く前からありつけていない。※ちなみに苦手なものはイナゴの佃煮

杉元は味噌を携帯しており、食事に良く混ぜたりする。
※アシリパからは当初味噌をオソマ(ウンコ)と勘違いされていたが、後に誤解は解ける。

アシリパは杉元に対して好意に近いものがあるのか杉元に言い寄るインカㇻマッに嫉妬したりする場面もあった。

杉元佐一が食べたグルメ(ジビエ)一覧

ホウスケ
食べたい物と食べたくない物の差が激しい・・・
料理名感想料理人(勧めた人)場所参照巻
リスの脳みそうんアシㇼパ小樽1
リスのオハウうまいアシㇼパ小樽1
ウサギの目玉オエアシㇼパ小樽2
ウサギのオハウうまいアシㇼパ小樽2
カジカのキナオハウうまいアシㇼパ、フチ小樽2
カジカの塩焼きうまいアシㇼパ、フチ小樽2
カワウソのオハウうんアシㇼパ小樽2
カワウソの頭の丸ごと煮あ・・・アシㇼパ小樽2
にしん蕎麦ヒンナ蕎麦屋小樽2
花園公園名物串団子うまい鶴見中尉小樽2
桜鍋うまい白石小樽3
カエデの樹液甘いアシㇼパ小樽3
フㇷ゚チャ(トドマツの葉先)苦ぇアシㇼパ小樽3
サルナシの蔓の樹液んっアシㇼパ小樽3
鹿の生肝臓う~んアシㇼパ小樽3
鹿の脳みそヒンナアシㇼパ小樽3
鹿の生肺・・・アシㇼパ小樽3
鹿の背中肉の炙りウマイッアシㇼパ小樽3
鹿のセウリのチタタㇷ゚・・・アシㇼパ小樽3
ユㇰ オハウ(鹿肉の鍋)ヒンナアシㇼパ小樽4
鮭のルイペうまいッフチ小樽4
大鷲の足煮はわわ・・・アシㇼパ小樽4
ニシン漬けうまい!辺見積丹、小樽5
シャチの竜田揚げはちいッッ白石積丹、小樽5
子持ち昆布の串揚げはちいッッ白石積丹、小樽5
イトウの刺身うんアシㇼパ、キロランケ小樽5
イトウの塩焼きヒンナアシㇼパ、キロランケ小樽5
イトウの目玉おっきいアシㇼパ小樽5
エゾシカ肉のライスカレー・・・牛山札幌6
アザラシ肉の塩茹ではちいッアシㇼパ日高7
プクサ(味噌をつけて)あッアシㇼパ、杉元日高8
フキ・・・アシㇼパ日高8
サクラマスのオハウうまいッアシㇼパ、フチの妹日高8
カワヤツメのうな重いただきまぁす白石夕張8
なんこ鍋・・・家永夕張9
ヤマシギの脳みそヒンナヒンナ!!アシㇼパ夕張9
ヤマシギのオハウ恋のお話?アシㇼパ夕張9
クトゥマ・・・月形コタンの皆様月形10
オオウバユリの団子ヒンナ!月形コタンの皆様月形10
ねずみの丸焼き・・・アシㇼパ大雪山11
丹頂鶴のオハウう~ん・・・アシㇼパ釧路11
トノト・・・釧路コタンの皆様釧路12
クンネ・エチンケのオハウ美味しいよアシㇼパ釧路12
ラッコ鍋相撲しようぜ野郎共釧路12
ペカンペ・・・アシㇼパ塘路湖12
コタンコㇿカムイのチタタㇷ゚・・・アシㇼパ屈斜路湖12
ハツ元気が出るアシㇼパ網走13
クッチチュパチュパアシㇼパ網走13
鮭のチタタㇷ゚柔らかくて滑らかアシㇼパ網走13

杉元佐一の戦闘能力

タフな精神、身体とどちらにおいても優れている。
突発で熊と戦闘になった際も正拳突きをかまし、首を銃で打たれもひるまず突撃する。

小樽で鶴見中尉に何の前触れもなく団子の串を頬に刺された時も動じないなど度胸は人一倍。

鶴見中尉
鬼人のごとき壮烈な戦いぶりに目を奪われた

ゴールデンカムイでは大怪我しまくるが一向に死ぬ気配が無い。
アシㇼパのフチ曰く、強い憑き神(守り神)が杉元についているとの事。

軍隊格闘術に優れており、戦闘では相手の急所を躊躇無く狙っている。
戦場を体験している為、銃声で相手との距離を測ったり、泳ぎも得意な方らしく、シャチとの水中戦もこなすほど。


柔道の腕前も相当なもので札幌で「不敗の牛山」と掴み合った際、

牛山辰馬
こんなに強い奴ははじめてだぜ

と評された。
その後牛山と一戦交える形になるが牛山相手に一本背負いをかますなど対等に戦った。
ちなみに柔道耳にはなりづらい体質らしい。

白兵戦にはとても優れ、多人数相手でもやりあえる杉元だが銃の腕はいまいち。

作中でも外しまくるし、アシリパからも下手くそ呼ばわりされている。
銃は30年式の小銃を使う。

窮地に陥ると「俺は不死身の杉元だ!!」と叫び、火事場の馬鹿力を発揮する。
頭の回転も速く、とっさにつじつまの合う嘘をついたりと頭脳で窮地を脱する事もある。

ホウスケ
杉元は強さに安定感があるので戦闘が安心して見られます。

杉元の佐一の対戦カード一覧

対戦相手勝敗場所参照巻
後藤勝利小樽1
勝利小樽1
尾形勝利小樽1
第七師団敗北小樽2
二階堂洋平勝利小樽3
二瓶引き分け小樽4
辺見勝利積丹、小樽5
シャチ勝利積丹、小樽5
山賊勝利小樽6
家永勝利札幌6
牛山引き分け札幌6
若山引き分け日高7
赤毛の羆勝利日高7
月島引き分け夕張8
囚人達勝利月形9
鯉登引き分け旭川10
羆(姉畑の)勝利釧路12
都丹勝利屈斜路湖13
二階堂勝利網走14

※撃退しているのは勝利としています。
※邪魔が入ったのは引き分けで。

杉元佐一死亡?

網走監獄でののっぺらぼう奪還戦ではついにのっぺら坊(ウイルクと判明)と対面。
金塊争奪戦にアシㇼパを巻き込んだ怒り等しこたまぶちまけた。
ウイルクから金塊の真相を聞き出す寸前までいったが、ウイルクとともに遠方から頭を狙撃されてしまう。

即死と思われたが、元医者である家永と杉元の驚異的な回復力により一命を取り留める。
※そのさい家永にちょっと脳を食べられている。

杉元
撃たれた瞬間・・・あいつ(尾形)を感じた

アシㇼパも奪われ、裏切られた杉元は尾形を追い樺太へと向かう。

杉元佐一のその他の情報

  • 猫舌
  • ロマンチックな話にときめく
  • ワイルドな風貌をしているがそこまで酒に強くない。
    酔っ払うと大人しくなるタイプ。
  • 戦争で死線を超えてからは人殺しの匂いがプンプンするのか、梅子、二瓶、都丹からは匂いについて言及がある。

杉元佐一の声優さん:小林親弘(チカヒロ)さん

ホウスケ
2018年4月9日からアニメが絶賛放送中!
俳優業もされていた方です。
杉元と一緒で男前ですね!

補足
wiki:小林親弘
公式:小林親弘

ちなみに作中で杉元の声は
「鬼のように狂暴だがどこか優しくて腹の座った声」

 アニメ公式サイト
公式のFAQ集も面白いので是非どうぞ!

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!