だいたい分かる!鈴川聖弘【ゴールデンカムイ】

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これで鈴川聖弘がだいたい分かる!

今回は「ゴールデンカムイ」から鈴川聖弘(スズカワ キヨヒロ)をご紹介。※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

聖弘大佐

初登場は第87話「お行儀」

鈴川は詐欺師を生業としており、捕まる前は米軍の大佐に化けて裕福な家の女性相手に結婚詐欺などを繰り返していた。

手口は天才的なもので、相手の思い込みや架空の権威を利用し、巧みな話術で相手を落とす。変装に関しても細かい情報から身なりはもちろんの事、口調や性格、人柄から顔つきまで似せる事が出来た。本人曰く変装は常らしく、いつも何かになりきっている。

「本当の俺なんてないけどね」

そんな鈴川も捕まり網走刑務所へおくられる。

沈黙のコタン

網走監獄内では「のっぺらぼう」から金塊の在り処を示す暗号を刺青として彫られた後、土方の手引きもあり、脱獄。その後樺戸監獄へ向かったかと思えば、政府の要人になりすまし樺戸監獄へ潜入。内部から凶悪犯の脱獄の手引きをし、集団脱獄の指揮を執った。

その後近くのアイヌの村を乗っ取り、アイヌの村長になりすまし、囚人達を村人として偽のアイヌ村を作りあげた。目的は樺戸監獄から脱獄させた贋作師熊岸長庵を監禁し、怪しまれず贋札を作らせる為である。

大乱闘

潜伏して1年は経っただろうか、樺戸監獄に向かう途中の杉元達が訪れる。

コイツラ本当にアイヌか?

との疑いを回避するべく、口八丁でごまかしたり、シントコで神プレイを披露したりしていたが無事にバレてしまい、「不死身の杉元」「不敗の牛山」「山猫尾形」を一度に相手するという惨事が起きた。村の中は乱戦状態となり、十数人はいたであろう囚人達は全滅。

鈴川は杉元達に捕らえられてしまう。

旭川インポッシブル

杉元達に捕らえられ刺青の生皮を剥がされそうになりビビる鈴川。とっさに他の刺青囚人姉畑の情報を売り、殺されることは免れる。

その後白石が第七師団により旭川に拉致されたという割とどうでもいい情報を聞いた杉元達。杉元だけが助けよう!とKYな発言をしてしまい、鈴川は白石奪還に利用される事になる。

網走監獄の典獄(監獄長)犬童に鈴川が変装、第七師団旭川駐屯地に潜入し「白石を返しなさい」というなんともシンプルな計画がスタート。気でも触れたような意味不明な変装をする杉元を携え、隊をまとめる淀川中佐に謁見。鈴川の巧みな交渉もあり、白石奪還まであと少しというところまで来たが、そこに大好きな鶴見中尉に放置され気味だった鯉登少尉が登場し、本物の犬童かどうか揺さぶりをかけてくる鯉登に対して堂々たる対応をしたが、犬童本人が「下戸」という情報まで知らず偽者と露呈。残念ながらその場で射殺されてしまった。

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!