だいたい分かる!月島軍曹【ゴールデンカムイ】

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これで月島軍曹がだいたい分かる!

今回は「ゴールデンカムイ」から月島軍曹(ツキシマグンソウ)をご紹介。※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

鶴見中尉の腹心

月島は第七師団27聯隊所属、階級は軍曹。(尾形、杉元、谷垣よりも上)

古くから鶴見の下で働き、鶴見が頭部に怪我を負う事になった奉天会戦にも同行している。中央に対する鶴見のクーデターにも付き従い、鶴見の更迭を試みた和田大尉謀殺にも加担。(というか実行犯。)鶴見一派として金塊争奪戦に参加する。

真面目な軍曹

しっかり者の常識人であり、エキセントリックな鶴見、クレイジーな二階堂、ファンキーな鯉登の御守を一手に引き受けておりその苦労は計り知れない。隙あらばツッコミをし、

月島
面倒くさい

と本音もポロリ。

エリート街道まっしぐらの鯉登少尉の補佐役であり、鶴見中尉に緊張しまともに話せない鯉登の通訳も行っている。情に厚い部分もあり、剥製家江渡貝弥作と鉱山内で事故に合った時は短い付き合いながら自身が危険状況にも関わらず最後までなんとか助けようとした。

安定した戦闘能力

尾形、杉元、坂本慶一郎と戦う相手が強敵ばかりだが、基本的には危なげなく対等に立ち回っている。白兵戦、狙撃とも並以上の能力を持っており尾形からも

尾形
屈強な兵士

と評されている。

その他

長風呂。愛銃は鶴見同様ボーチャードピストル。好物はえごねり。

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!