だいたい分かる!ウイルク【ゴールデンカムイ】

The following two tabs change content below.
完全引きこもりを目指す20代。 仕事の時だけ外出しています。 映画、海外ドラマ、漫画に常に時間をかけています。 作品の登場人物を紹介していきます。

ホウスケ
これでウイルクがだいたい分かる!

今回は「ゴールデンカムイ」からウイルクをご紹介。※ネタバレ含みます。

ゴールデンカムイとは

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。

引用元:ゴールデンカムイ

全ての発端

ウイルクはアシㇼパの父。

アシㇼパの証言

5年前、金塊強奪事件の際に犯人と思われる「のっぺらぼう」に苫小牧で殺害されたとされている。(死体はケモノに喰い荒されており、真相は定かではない。)

勇敢な男で一人で羆を仕留めたりと、狩猟の腕がいい。息子がいなかった事もあり、アシㇼパを狩猟に連れまわし技術、知識を叩き込んだ。手先が器用でモテたらしい。ウイルクは小樽で出会った美人の奥さん(アシㇼパの母)にアイヌの事は教わったという。

アシㇼパの幼名に「エカシオトンプイ(祖父の尻の穴)」とつけた。成長後「アシㇼパ」の名前を与えたのもウイルク。まだ小さかったレタㇻをアシㇼパと保護している。アシㇼパ同様青い目を持っている。

「新しいアイヌの女となって皆を導いてくれ」

とアシㇼパには希望を託していた。

インカㇻマッの証言

ポーランド人の父と樺太アイヌの母の間に生まれ、若い頃はアムール川流域の少数民族と手を組み帝政ロシアに対して解放運動をしていた。その後帝政ロシアに追われ樺太から北海道小樽へ逃亡したとされている。小樽についてからは幼年のインカㇻマッと出会い、アイヌの事について色々と教わる。父の影響で信仰はキリスト教だったそう。キロランケの裏切りにより苫小牧で殺害されたとされている。

キロランケの証言

ウイルクと共に若い頃ロシアのアムール川流域から小樽へやってきた。お互い家族を持ち疎遠になっており、アシㇼパが赤ん坊の時に会ったのを最後にウイルクの葬式を迎えてしまう。金塊強奪犯「のっぺらぼう」が土方にアシㇼパの元に向かうよう指示した事から「のっぺらぼう」はウイルクだとしている。樺太でトンコリ(アイヌの服)を手に入れており。今は谷垣がそれを着ている。

ホウスケ
最後まで読んで頂きありがとうございました!